忍者ブログ

ペンタックス(PENTAX) 645d 本体 価格

ペンタックス(PENTAX) 645dの描写力は空気感さえ撮りきり、その高画質は、写真家をうならせた。                 中判デジタルカメラにしか表現し得ない新しい世界がひろがっている。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ペンタックス(PENTAX) 645dは、レンズの力を活かしきる設計思想

■ペンタックス(PENTAX) 645d 本体 価格

henzutu1.jpg
PENTAX 中判デジタル一眼レフカメラ 645D ボディ 約4000万画素 大型CCDセンサー 645D

ペンタックス(PENTAX) 645dの設計思想は、レンズの力を活かしきること!

多くのデジタルカメラは、撮像素子の前面にローパスフィルターを使用しています。
ローパスフィルターは、偽色やモアレを抑制するのに有効ではあるものの、
画像全体の鮮鋭度を低下させるという問題がありました。

ペンタックス(PENTAX) 645dは解像力を追求し、
ローパスフィルターレスのCCDユニットを搭載しています。

それによって、レンズと撮像素子が持つ本来の解像能力を、
余さず引き出すことに成功しています。

その精細さは、風景の中の木々を、一葉まで解像したかと思えるほどです。



ペンタックス(PENTAX) 645d 本体の購入は、
こちら↓

■PENTAX645Dオプション関連
PR

コメント

現在、新しいコメントを受け付けない設定になっています。

ペンタックス(PENTAX) 645d 本体 価格

バーコード

アーカイブ